• TOP
  • 衣類
  • 服を長く着るための「毛玉知識」をマスターする

服を長く着るための「毛玉知識」をマスターする

毛玉を簡単に取る方法、洋服がきれいによみがえります

お気に入りのニットは、なるべく毛玉などができないように気をつけるのですが、やはり歩けば腕のあたりがこすれますし、バッグなどを持っていれば胸の当たりなどもこすれます。
するとすぐに毛玉ができるのです。

ちょっとした部分的な毛玉、あまり広範囲ではない毛玉ならそれほど気になりませんが、だんだんとその範囲を広げていく毛玉にはうんざりします。
お気に入りのセーターも、カーディガンも毛玉が多くなればお部屋で着用するものになってしまうのです。

しかし毛玉というのは、その除去方法を知っていると、きれいにとることもできるので、その方法をしっかり理解しておくべきです。
毛玉取りがなくても簡単に毛玉が取れるのですから、これは目からうろこです。

毛玉ができやすい素材とは?

毛玉ができやすい素材といえばニット・・・というイメージがあります。
でも、生地によってはTシャツでも毛玉ができることがあります。

ウール、アンゴラ、カシミヤ、こうした動物性繊維と呼ばれる種類は、毛玉ができてm尾表面から落ちるので、洋服に毛玉がつくということがありません。
ポリエステル、アクリルなどの素材、これも洋服によく利用されていますが、これらの合成繊維は郷土がかなり高く、毛玉ができると落ちにくい素材といえます。

特に毛玉がつきやすいのが混紡糸と呼ばれるもので、例えばアクリルと綿という組み合わせやポリエステルとウールなどの組み合わせ、こうした混紡糸は強度も高く毛玉が落ちにくい素材といわれています。

毛玉取りの方法は様々

毛玉取りの方法ですが、もっとも確実に取る方法がはさみで一つずつ除去するという方法です。
でもかなり広範囲に毛玉が広がっている場合には、時間がかかるので毛玉が少量という場合に、はさみを利用するときれいに除去できます。

かみそりを生地に水平に動かして除去する方法もあります。
生地を水平にして、かみそりも水平に動かすことがコツです。
T字かみそりなら生地をばっさり切ってしまったということもなく、安全にできるので、かみそりを利用する場合には、T字のかみそりのほうがいいでしょう。

ガムテープを利用する方法は無理やり生地から毛玉をはがすことになるので、生地が傷みます。
そのため、お気に入りの洋服はこの方法を利用しないほうがいいですし、生地によっては毛玉がうまく取れないこともあるので、様子を見ながら行う必要があります。

食器洗い用のスポンジ、これで毛玉が面白いように取れるといわれています。
実際に行ってみると、びっくりするほど取れるので、これはお試しになってみていいと思います。

ただ、スポンジでこする作業を行うので、生地が傷まないかどうか、少し試してみて大丈夫そうなら広範囲行うようにしましょう。