• TOP
  • 衣類
  • レイングッズの洗い方やメンテナンス

レイングッズの洗い方やメンテナンス

お手入れ方法

時期によって、とても雨が降ることがあるでしょう。
地域によっては、悩みになってしまうことも出てきます。
嫌な気分になってしまうこともありますが、レイングッズを使ったりするチャンスと考えれば、少しは明るくなったりもするでしょう。

ですが、レイングッズは濡れてしまうということを忘れてはいけません。
ちゃんとメンテナンスをして行かなければ、次の機会に使うことができなくなってしまうかもしれないのです。
カビが生えたりしないように、お手入れを欠かさないことが、雨を少しでも楽しむために重要なポイントといえるでしょう。

レインブーツはゴムであることを忘れずに

最近では、本当におしゃれなものが多くなってきているのが、レインブーツです。
長靴などと呼ぶのは申し訳ないといえるほど、美しいものが出てきています。
シンプルなものもありますし、花柄のようなものまで、本当にたくさんあり、雨が降るのが楽しくなってしまうことでしょう。

レインブーツは、ゴム製であるということが重要です。
曲げたりすると、型崩れを起こし元に戻せなくなってしまいます。
ブーツキーパーを使い、型崩れが起きないようにすることが大切です。

天然ゴムを使っていることがほとんどで、ひび割れによってダメにしてしまうことも出てきます。
黄ばみが出てしまうこともあるでしょう。
この原因は、ゴムの表面についた汚れと紫外線です。
汚れは必ず落としておき、日陰で自然に乾燥させます。

ドライヤーを使ったりすると、ゴムは変質しますし、劣化を早めることになってしまうのです。
日光も天敵ですので、自然に乾くようにしてあげることが重要なのです。

もうひとつ、臭いもあるでしょう。
原因は汗による雑菌の繁殖ですので、消臭や除湿は欠かさず行わなければいけません。

レザーバッグは雨が苦手

雨の日に困ってしまうのが、レザーバッグでしょう。
中のものを濡らさずに済みますが、どうしても劣化を早めることになるのです。

天然皮革は水分に弱く、濡らせば確実にダメにしてしまいます。
そのため、防水スプレーをかけておくことが、お手入れとしては重要です。
もしも濡れてしまったら、やわらかなタオルなどを用意し、表面の水分を優しく吸い取りましょう。
絶対にこすってはいけません。

ある程度乾燥してきたら、クリームやオイルを塗って、革のケアをしましょう。
革を休ませることも重要で、大切にしてあげれば長く使える大事な相棒であり続けてくれるのです。