• TOP
  • 食事
  • 子どものお弁当は「型ぬき」を使って攻略せよ!

子どものお弁当は「型ぬき」を使って攻略せよ!

子供のお弁当を楽しくかわいく作りたい

お子さんのお弁当なら、かわいく楽しく作ってあげたいとママたちみんなが思っています。
でも朝の忙しい時間帯に短時間で子供のお弁当を作らなくてはならないため、いつも同じパターンになってしまうという悩みを持っている人も少なくありません。
でもそんなママに味方となる素晴らしいグッズがあるのです。

簡単にかわいい形を作ることができる型抜きを利用してお弁当を作ります。
どんな食材を型抜きして利用すればいいのか、それを理解するとかわいくて楽しいお弁当がさくっと作れてしまいます。

かわいいお弁当にしてと、お子さんからリクエストを受けたら、型抜きを使ってかわいいお弁当作りにチャレンジしてみましょう。

型抜きで作ることができるかわいい形

先輩ママたちは型抜きで色々な食材を楽しく作ってお弁当に活用しています。
お弁当をかわいく作るために星型にくりぬいたり、ハートにしたり、いったいどうやってこんなにかわいくできるの?と思っているママたちにとって、型抜き利用のお弁当は目からうろこの作り方になると思います。

たとえばハート、星、それにお化け、目玉、くま、猫、イカまで・・・とにかく色々な形を作ることができます。
キャラクターのお弁当を作ってほしいといわれても、なかなか思うように作ることができなかったという先輩ママ、鶉の卵や卵焼き、のりやチーズなどを使うと、色とりどりの形を作ることができます。
パーツとしては枝豆やレタス、卵の薄焼き、それにシュウマイなど、利用する食材を色々考えてみると、楽しくかわいいお弁当が簡単にできます。

普段のメニューにも型抜きを利用

シチューやカレーに入っているにんじんはお子さんたちにとって苦手な野菜という子供が多いです。
そのため、少しでも楽しく食べられるようにと、ママたちはにんじんをお星様の形やハート型などにして、目にも楽しくしてみたといいます。

するとお子さんたちは「お星様だー」と、喜んで食べます。
サラダなどもきゅうりやハムなどを型抜きで、星型、ハート、それに熊さんの形などにくりぬいて利用すると、お子さんは楽しく食べてくれるといます。

おにぎりにも活用できる型抜き

卵焼きで星を作ったり、ハムで薄いピンクのハートを作る、さらにおにぎりにも型抜きののりなどを利用して、一味違うイメージのおにぎりを作ります。
のりで巻いた俵型のおにぎりにハートの型抜きでくりぬいたハムを乗せるだけでも、子供たちにとって特別なおにぎりになります。

逆に薄焼き卵でおにぎりを包んでのりを星や熊の形にくりぬいてつけてもかわいいおにぎりになります。
これを応用することで、薄焼き卵でキャラクターの顔を作ルナ度もできるようになるので型抜きテクはお弁当作りに欠かせないテクニックとなるはずです。